不動産売却について知る|物件購入時の注目ポイント

マンションの査定

つみき

マンションにかぎらず不動産の売却は出来るだけ高値で売りたいものです。売却の前には査定する必要がありますが、一社だけに依頼するのではなく、複数社に依頼して平均査定額を知ることが大切です。

もっと見る

費用がかかる

婦人

不動産売却にかかる費用について

不動産は通常の物などと異なり売却をするさいには、煩雑な手続きを行う必要があります。不動産の売却でもっとも多いのが住宅や土地になりますが、手続きを行う場合には不動産会社に仲介してもらうのが一般的です。これは不動産の売却では、少なからぬお金が動くことになりますし、不動産の権利売却には登記を変える必要があるため、専門知識が必要なためです。不動産売却の流れとしては、相場を知った上で売却価格を想定し、不動産会社に査定をしてもらいその条件が合致すれば、媒介契約を結び売りだしてもらいます。買い手が決まれば、最終的な価格調整を行い合意すれば売買契約を結び、代金が支払われて登記申請が完了するというものです。なお、費用に関しては登記などの申請を行う上で必要な経費のほか契約金額に応じて料率による仲介手数料が必要になります。

高く売るためのポイントとは

不動産売却で、高く売るまえに、まずは相場を調べる必要があります。相場に関しては周辺の家の売り出し価格を調べたり、土地であれば公的機関が提供している地価公示や地価調査の評価価格を参考にすることができます。その上で、現実的に可能であろう売却できる価格を設定します。また不動産会社でもその住宅の評価する価格が大きく変わってくるため、条件の良い会社を選び出す必要があります。このさいに複数の会社に一括査定をするといったサービスもあります。また最終的に売却を決定するのは、購入者であるため、高く売るためには売却したい不動産を綺麗に保っておく必要があります。特に手入れの整っていない住宅の場合にはクリーニング代などが別途必要になるため、それだけ低く評価されてしまいます。

業者の違い

家の模型と紙幣

家を建てる場合には、ハウスメーカーや工務店などが存在します。大抵の住宅建築依頼はどちらかの業者を選ぶものです。その際は小規模な業者が最適です。なぜなら、小回りが効き、要望にも柔軟に対応してくれるからです。

もっと見る

住宅ローンの利用

模型

住宅ローンを正しく利用することによって不動産の支払いをすることができます。住宅ローンを使って購入するときには不動産会社と契約手続きを行なう必要があります。ローンの審査が下りれば住宅ローンによる支払いができます。

もっと見る